ご存知ですか、がん検診

>

早期発見が、がんに負けない第一歩

この記事をシェアする

がん検診の種類と対象者

がん検診は、胃がん、子宮頸がん、肺がん、乳がん、大腸がんの五種類について、受診の最低年齢と検査の項目が決まっています。それぞれ問診に加えて内視鏡やマンモグラフィなど、がんの種類に応じた検査項目が用意されています。
肺がん、大腸がんは年に一回、そのほかは二年に一回の受診間隔が推奨されています。これは比較的頻繁だと思われる方もいるかもしれません。しかし、このくらいの頻度で検診を受けないと、早期発見には結びつかないのです。特に40代から50代の働き盛りの皆さんは、なかなか時間の確保が難しいかもしれません。しかし、身体あってのお仕事ですから、なんとか時間を作って検診を受けましょう。面倒がらずに受診することが、自分の身体を守るための第一歩なのです。

なぜがん検診は有効か

そもそもがん検診は、症状がない人たちを対象としたものです。体調不良の自覚がある場合には、別途すぐに病院に行く必要があります。
がん検診が設けられている種類のがんは、患者数や死者数が多いがんであって、早期発見による死亡率の抑制が見込まれるものです。そして、適切な検査方法が確立されている種類のものについて存在しています。すなわち、がん検診が行われる時点で、そのがんにはがん検診が有効であると示されているようなものなのです。
万が一がん検診によってがんが見つかったら、すぐに精密検査となりますから、早期発見の次のステップ、早期治療も視野に入れたものであることがわかります。
諸外国に比べ、日本はがん検診の受診率が低いのが現状です。対象年齢になるとがん検診のお知らせが手元に届くようになっているところも多いです。まだ若い皆さんも、しかるべき時がきたらぜひ受診してください。