健康なうちからの予防線

日本人に特徴的な病気というと、第一にがんが挙げられます。日本人の死因のトップに君臨するがん。近年では若年層のがんも目立っており、患者数、死者数共に増加の一途をたどっています。年によって入れ替わりがあるものの、胃がん、大腸がん、肺がんを始め、乳がん、すい臓がん、肝臓がん、前立腺がんなどが多いようです。
がん自体には、誰でも発症する可能性があります。つまり、誰もが常に気をつけなければならない対象であるということなのです。皆さんは、普段、がんについて何か対策をしていますか。怖い病気だとわかってはいるけれど、何をすればいいのかわからない、自分は体調に異変がないから大丈夫、そう思っている方も多いのではないでしょうか。
多くのがんは、自覚症状が出た時にはすでに手遅れとなってしまっていることが多いのです。よく言われることですが、重要なのは、早期発見です。
早期発見により、五年生存率(がんと診断されてから五年間生存している患者の割合)が格段に上がります。逆に、がんが進行し、他の部位に転移し始めると、五年生存率は急激に下がってしまいます。小さな異変さえ感じないような段階から、早期発見をすることが、命を守るための第一歩なのです。
このページでは、がん検診の重要さとそのメリット、デメリットについて説明してあります。他人事だと思わずに、一度真剣に検討してみてください。健康なうちからの定期的な検診が、皆さんの体を守ってくれるのです。